02.私のかけらを探す旅

いま思えば、最初の「点」を打った日。

点と点が繋がると、線になり、形になって行くように、その時は分からないことが後になって、結構重要な「点」であったことに気がつくことがある。私にとって、最初の点を打ったのがこの時でした。
08.そらのリーディング

2019年秋分前のリーディング

2019年秋分前のギャラクティック・ルーツカード・リーディングです。お彼岸の過ごし方もあります。
02.私のかけらを探す旅

「なんとなく」を選択したときに開けた道。

今まで、役に立つ、便利などといった思考でモノゴトを選択していた私が、なんとなくに従いモノゴトを選択したことから開けた意外な道についての話。
02.私のかけらを探す旅

初めてのリトリートでの不思議体験

初めて参加した本郷綜海さんの女神山のリトリート、リトリートが何かも、そみさんが誰かもわからないまま、私は長野で過去生と対峙した。
02.私のかけらを探す旅

言葉すらもない世界へ一歩

最初のセッションで、言語獲得期以前の傷があるよと教えられた私は、ある方のリトリートに参加することを決めました。
05.自己定義とビリーフ

自分の感性・感覚を信じる方法

自分軸を取り戻すために、自分が「どう感じるか」「どう思うのか」に従うとはいえ、「感じる」がよくわからないという方も少なからずいます。そんな方に向けて、自分の感性・感覚を取り戻す方法を書いています。
01.見えない世界?

じゃ、「解」を何に求めるかっていうと

「目に見える解=指標」ではなく、もっと自分を幸せにする「解」が、必要だと認識したわけですが、では実際なにを「解」にしていくか、それは「自分がどう思うのか」「自分がどう感じるのか」に従うということだったよ。でもそれがちょっと一筋縄でいかずに困ったこともありました。
01.見えない世界?

もう、見える世界に「解」はない。

仕事をして認められて、ポジションを上げて、給与を上げて、顧客や仲間の信頼を勝ち取って、という目に見える形で積み上げていく「目に見える解=指標」は、すでに私を幸せにすることなはく、もっと自分を幸せにする「解」が必要なのでした。
02.私のかけらを探す旅

見えないなにかに助けてもらった日

セッションの中で私は、私がいることは母にとって困ることであると、私の存在は迷惑であると考えているようでした。だから、私はこの家族の中に居てはいけない。そう決めたようでした。
02.私のかけらを探す旅

見えないなにかに苦しんだ日

どう考えても恵まれた境遇であるにもかかわらず、やる気が出ない、好きなことがわからない、そんな悩みを抱えていました。その原因は、どう考えても、周りの環境にあるわけでなく、自分自身にあるようなのでした。でもそれが何かはわからずに困り果てていた日々でした。
タイトルとURLをコピーしました