どうしても許せないあの人がいるとき

07.こころ

「酷いことをしたあの人を許せない。」
と仰る方がたまにいらっしゃいます。

許せないんです。
許そうと何度も思っても、どうしても許せないんです。

うんうん、そうですか、おつらいですね。
私は伺います。
「どうして、許したいのですか?」

そう伺うと、一瞬あっけにとられたお顔になりました。
「どうして…でしょう…。」

あっけにとられる、は良い兆候です。
それは、ちょっとひびが入ったということなんです。

うん
「許さなくてはならない」
というビリーフにね。

許したくないんですよね。
許せないんですよね。

それで大丈夫ですよ。
許さなくていいですよ。

そう、お伝えすると

許せなくていいんですか?
色んな本に、許せって書いてあります。
自分を愛せ、自分を許せ、親を許せ。
そんな風に書いてありますよね。

私は、心の中で舌打ちをします
これって、洗脳です。
親を許せば、憎いあいつを許せば
幸せになれる。

いや、そうかもしれないんだけど
そんなに簡単に許せるならば誰も悩みません。

許せば幸せになれるなんて
ツボ買えば幸せになれるってのと同レベルですよ。

「許したくない」「許せない」っていう
気持ちがあるのなら、その気持ちを優先してあげてください。

「許したくない」「許せない」
って、イヤな感情と思うのかもしれない。
悪い、ひどい気持ちと感じてしまうのかもしれない。
そんな気持ちないほうが楽だと感じることもあるのかもしれない。

でもね、ひどいことされた!
って傷ついてる子が、あなたの中にいる。

その子の本心を、そのままにしないで上げて欲しいんだ。
ひどいことされて傷ついてるあなたに
「許せ」なんて強制しなくていいんだよ。

「あぁ、許したくないんだね。」
それを受け止めて上げて欲しいんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました