堀江さなえ

セドナ2019

集合無意識を癒したのかもしれない話

セドナの、チャペルオブザホーリークロスで体験した不思議な出来事の話を綴っています。
セドナ2019

「わからない」の、その先にあるもの。

わかりたいと考えるのは、人の思考の特徴なのかもしれない。けれども「わかりたい」を手放すことで、その時のその場でしか得られない体験ができる。わからないことに安心して委ねていたい。
セドナ2019

立冬、そしてセドナ前書き

立冬のリーディングメッセージと、セドナの旅の序章を書き始めています。
神社・日本の神さま

本当に欲しいものが、欲しいって言えない。

「欲しい」を諦めてしまっている人がいる。本当に欲しいものは、手に入らないと、諦めてしまっている。だから欲しいって言えないし、欲しいと思うことすら辞めてしまっている。それを顕在意識で何とかした話。
感性:感覚

我慢って、自己否定なんだよ

身体の欲求を我慢しているということは、自分の欲求を抑えつけているということ、それって自分にダメ出ししてるってことなんだよね。身体の声を聞いていくことが、幸せにつながる道だって、身体さんが言ってるよ。
私の見えない世界の旅

最初の点を穿つ

点と点が繋がると、線になり、形になって行くように、その時は分からないことが後になって、結構重要な「点」であったことに気がつくことがある。私にとって、最初の点を打ったのがこの時でした。
そらのことば

2019年秋分前のリーディング

2019年秋分前のギャラクティック・ルーツカード・リーディングです。お彼岸の過ごし方もあります。
私の見えない世界の旅

「なんとなく」を選択したときに開けた道。

今まで、役に立つ、便利などといった思考でモノゴトを選択していた私が、なんとなくに従いモノゴトを選択したことから開けた意外な道についての話。
私の見えない世界の旅

初めてのリトリートでの不思議体験

記事を手繰っていくと、「使命を見つける」というリトリートの案内が。「使命」このど真ん中の単語は、私がどうしても欲しいものなのです。迷わず申し込みました。 言葉すらもない世界へ一歩 お盆の暑い最中、帰省で込み合う新幹線になんとか潜り...
私の見えない世界の旅

言葉すらもない世界へ一歩

最初のセッションで、言語獲得期以前の傷があるよと教えられた私は、ある方のリトリートに参加することを決めました。
タイトルとURLをコピーしました