こころのこと

こころのこと

ハートを開きたいのに開けないその訳は.その2

どうも、ハートを開きたいと思うにも関わらず、開けないような現実ばかりが起きていて、どうやらこれはビリーフの仕業っぽいぞ、という入口から潜在意識にアクセスしていく自己探求の話。
こころのこと

「モヤモヤ」を言葉にすることの大切さ

「モヤモヤ」の感じを言葉にするということは、潜在意識のメッセージを理解する上でも、とても役に立つのです。
こころのこと

世界の「意味づけ」はあなたがやっている

世界の「意味づけ」は、あなたの「定義」がやっている。思考と感情的反応を、事実と分離して見ていけるようになると、世界の見え方が変わります。
こころのこと

ハートを開きたいのに開けないその訳は.その1

チャネリングをするにあたり、どうもハートチャクラを開く必要がありました。そして身体もそうしたいと願っているはずなのに、どうも訪れる現実は、ハートを開けない現象ばかりです、その訳は...。
こころのこと

感情とビリーフを手放したときに起きること

「寂しい」という幼いころの感情が発見されたことで、自己定義であるコアビリーフも一緒に発見されました。その寂しいというコアビリーフを手放したときに起きること。
こころのこと

時間つぶしはなんのために?

小さいころから手作りが好きだった私の「時間つぶし」をしなければならないわけとは?
こころのこと

やりたいことができないときに考えて欲しいこと

やりたいことができないときに、自分の外側に責任をもっていかないこと。なぜなら...
こころのこと

ひとの成長の過程とは

人生前半の分離という体験は、痛みを伴う苦しいものでしたが、それを乗り越え「個」として独立した精神を得た時に、再び統合への道のりが始まります。
こころのこと

「やりたいこと」は、「わからない」よ。

やりたいことがわからない。みたいなことをお題としてセッションに来られる方には、共通項がある。 みなさん、とても疲れている。疲れているのにやりたいことを探しているのです。
こころのこと

もう、見える世界に「解」はない。

仕事をして認められて、ポジションを上げて、給与を上げて、顧客や仲間の信頼を勝ち取って、という目に見える形で積み上げていく「目に見える解=指標」は、すでに私を幸せにすることなはく、もっと自分を幸せにする「解」が必要なのでした。
タイトルとURLをコピーしました