04.からだとかんじ

03.自己定義とビリーフ

ビリーフと身体の関係

ビリーフというのは「固定概念」だから、その固定されている「枠」がなんやら窮屈になってその方を苦しめている。だからその枠を見抜いて枠をゆるめていこう。というのがビリーフリセットの手法です。
04.からだとかんじ

感覚に自信がないと、人は思考を回す。

感覚に自信がないと、人は思考を回す。のですよ。 感覚、感じ。気分、雰囲気、なんとなく…。そういった、割と説明できないことで動ける人がいる反面 頭で理解して、納得して、決断して、でないと動けない人というのもいる。 全くもっ...
04.からだとかんじ

自分の「ほんとう」を無視してはいけない

今までのルール、過去の知識の蓄積から行動を判断する時代は終わりが来るのかもしれない、
04.からだとかんじ

「モヤモヤ」を言葉にすることの大切さ

「モヤモヤ」の感じを言葉にするということは、潜在意識のメッセージを理解する上でも、とても役に立つのです。
04.からだとかんじ

「やりたいこと」は、「わからない」よ。

やりたいことがわからない。みたいなことをお題としてセッションに来られる方には、共通項がある。 みなさん、とても疲れている。疲れているのにやりたいことを探しているのです。
04.からだとかんじ

我慢って、自己否定なんだよ

身体の欲求を我慢しているということは、自分の欲求を抑えつけているということ、それって自分にダメ出ししてるってことなんだよね。身体の声を聞いていくことが、幸せにつながる道だって、身体さんが言ってるよ。
03.自己定義とビリーフ

自分の感性・感覚を信じる方法

自分軸を取り戻すために、自分が「どう感じるか」「どう思うのか」に従うとはいえ、「感じる」がよくわからないという方も少なからずいます。そんな方に向けて、自分の感性・感覚を取り戻す方法を書いています。
04.からだとかんじ

モヤッとするのは言語化できないから

感じていること、思っていること、なんとなくのそれが、表現できる言葉が見つからないとき、モヤッとしたりするけれど、試行錯誤しながら言語化を続けていくことでしか、その先には進めないこともある。
タイトルとURLをコピーしました