05.自己定義とビリーフ

05.自己定義とビリーフ

欲しくてもらえなかったものは、あなたが世界に与えられるものかもしれない

他者とつながり、与えることでも人は癒やされる。あなたが欲しくて欲しくて、でも与えられる機会がなかったモノは、実はあなたの内側にあるものなのかもしれないんだ。
05.自己定義とビリーフ

「やりたいのにできない」の正体

「変えたいのに変えられない。」のならば、あなたの意思は「変えたくない。」のです。そこをいったん受け止めて、どうして変えたくないのか?を見ていく必要があるんです。
05.自己定義とビリーフ

踊らされるな、自らの意思で踊れ

「踊らされている」ってのは、主語が自分でないってこと。 主語を自分に戻していくと、自発的に踊る。 同じあほなら踊らにゃ損。というのは自発的に踊っているので踊らされてはいないのだ。自発的にあほになろう。
05.自己定義とビリーフ

世界の「意味づけ」はあなたがやっている

世界の「意味づけ」は、あなたの「定義」がやっている。思考と感情的反応を、事実と分離して見ていけるようになると、世界の見え方が変わります。
05.自己定義とビリーフ

何度でも選びなおそう

迷ったり、怖くて怖じ気づいたり、進んでいれば必ずあること、それも進んでいる証拠だから、ゆっくり自分のやりたい方へ、ほんとうの方へ、何度でも選びなおせばいいんだよ。
02.私のかけらを探す旅

感情とビリーフを手放したときに起きること

「寂しい」という幼いころの感情が発見されたことで、自己定義であるコアビリーフも一緒に発見されました。その寂しいというコアビリーフを手放したときに起きること。
02.私のかけらを探す旅

時間つぶしはなんのために?

小さいころから手作りが好きだった私の「時間つぶし」をしなければならないわけとは?
05.自己定義とビリーフ

やりたいことができないときに考えて欲しいこと

やりたいことができないときに、自分の外側に責任をもっていかないこと。なぜなら...
05.自己定義とビリーフ

自分の感性・感覚を信じる方法

自分軸を取り戻すために、自分が「どう感じるか」「どう思うのか」に従うとはいえ、「感じる」がよくわからないという方も少なからずいます。そんな方に向けて、自分の感性・感覚を取り戻す方法を書いています。
タイトルとURLをコピーしました