ビリーフのこと

こころのこと

世界の「意味づけ」はあなたがやっている

世界の「意味づけ」は、あなたの「定義」がやっている。思考と感情的反応を、事実と分離して見ていけるようになると、世界の見え方が変わります。
ビリーフのこと

何度でも選びなおそう

迷ったり、怖くて怖じ気づいたり、進んでいれば必ずあること、それも進んでいる証拠だから、ゆっくり自分のやりたい方へ、ほんとうの方へ、何度でも選びなおせばいいんだよ。
こころのこと

感情とビリーフを手放したときに起きること

「寂しい」という幼いころの感情が発見されたことで、自己定義であるコアビリーフも一緒に発見されました。その寂しいというコアビリーフを手放したときに起きること。
こころのこと

時間つぶしはなんのために?

小さいころから手作りが好きだった私の「時間つぶし」をしなければならないわけとは?
こころのこと

やりたいことができないときに考えて欲しいこと

やりたいことができないときに、自分の外側に責任をもっていかないこと。なぜなら...
ビリーフのこと

自分の感性・感覚を信じる方法

自分軸を取り戻すために、自分が「どう感じるか」「どう思うのか」に従うとはいえ、「感じる」がよくわからないという方も少なからずいます。そんな方に向けて、自分の感性・感覚を取り戻す方法を書いています。
ビリーフのこと

じゃ、「解」を何に求めるかっていうと

「目に見える解=指標」ではなく、もっと自分を幸せにする「解」が、必要だと認識したわけですが、では実際なにを「解」にしていくか、それは「自分がどう思うのか」「自分がどう感じるのか」に従うということだったよ。でもそれがちょっと一筋縄でいかずに困ったこともありました。
こころのこと

もう、見える世界に「解」はない。

仕事をして認められて、ポジションを上げて、給与を上げて、顧客や仲間の信頼を勝ち取って、という目に見える形で積み上げていく「目に見える解=指標」は、すでに私を幸せにすることなはく、もっと自分を幸せにする「解」が必要なのでした。
タイトルとURLをコピーしました