自己受容とは 自分を知ること

03.自己定義とビリーフ

「無条件に自分を愛する」
なんて本やブログに書いてあるのを
まともに受け取って やろうとしても
出来ない人にはできないんです

そのままを認められないから
自己否定して 自分を責めているわけで

むしろ そっかー
自分を愛すればいいんだー
って、素直に出来ちゃう人は
このサイトにたどり着かないですね

すげー簡単に書いてあるけど
難しくね?って思ってここに来ましたよね
そんな気がします

「無条件に自分を認め、愛する」
と言われてできるなら やっとるがな という話です

なんで出来ないか は
出来ない理由があるから なんですよ

それは やっぱりね
ビリーフがあるから

「無条件に自分を認め、愛する」
が出来ないとするならば
「無条件に自分を認めて、愛してはいけない」
とどこかで考えているから

そしてね
自分の「心の仕組み」や「感情の動き」を
理解していくことが 自己受容には大事

そうか それなら そうなりますね
そうなっていたのも ごもっともです
という理解は 自己受容のとても深い助けになる

1.こころの仕組みを学ぶ
2.感情を把握する
3.ビリーフを理解する
4.ビリーフをリセットする

各段階があってようやく
傷を認め 自己を受け入れる
という階段を上がっていける

ビリーフが リセットされると
今までやってきたこと
やらなければならなかった理由
が とても理解できる

そうすると
いままで自己否定していた自分が
とても健気で愛おしい存在に感じられるの

そこまでいくと 無条件に自分を愛している世界

自分を愛せない 大事にできない には必ず理由がある
その理由を知っていくこと 探していくこと
それが 自己受容の一歩

コメント

タイトルとURLをコピーしました