自分が行方不明な「アイデンティティ迷子」の対処法。

03.自己定義とビリーフ

誰にでも少しはあるものですが「否定的な自己認識・自己定義」があります。
例えば、私は嫌われるとか、私には味方がいないとか、そういった自分に対する捉え方で、これはコアビリーフとも呼ばれます。

これは内観を自分で行う習慣がないと表面化しにくく、大抵の場合、悩んでいる本人は、なんだか理由はわからないけど、毎回同じシチュエーションで人が離れていく。なんだかいつの間にか孤立している、と考えていたりします。

そこで、離れたり嫌われたりされないように、明るく陽気ないじられ役を演じたり、心優しく皆さんに気を配る役を演じたりしてみるのですが、どうにも空回りしたり、いつも演技しているので、疲労が激しかったりするんですね。

その上、その演技を長いこと続けていると、演技することに慣れてしまい、ほんとうの自分がどう感じているのか、よくわからなくなってしまう。

なにがやりたいのかわからない。本当にやりたいことがわからない。好きなこと、ワクワクすることがわからない。みつからない。そう仰る方々です(まぁ、私もそうでした)。

この「自分が行方不明なアイデンティティ迷子」
という方々にはまず、自分じゃない「誰か」になろうとするから苦しくなる。という説を検討してみて欲しいのです。

誰になろうとしていますかねぇ。
どんな私になろうと頑張っていますかねぇ。

そこで出てきた、「明るく陽気な私」とか「穏やかで優しい私」とか「おとなしく人当たりの良い私」とか「甲斐甲斐しくお世話をする私」が、要するに演じてるキャラです。

それを演じると嫌われない確率が上がると信じた「きぐるみ」です。

なにを着ているか、どんなキャラを演じて愛されようとしているのか、というのは、ちょっと痛い話なんですが、そのキャラが見抜けると、要は、あなたという人は、そのキャラの真逆に位置する人なんです。

例えば「明るく陽気な私」を演じている人は「暗くて陰気」な人なんです。「穏やかで優しい私」を演じている人は「気性が荒く激しい私」と、認識しているわけです。

コレが実はコアビリーフ、否定的な自己認識の本体なんですが、否定的に認識しているのは本人だけですので、他人から見るとそのエッセンスはとても美しいものなんです。

こういう話をすると「暗くて陰気」な自分なんて好きになれません、とおっしゃる方がいるんですが、私からすると「思慮深く深い海のようなエネルギー」だったりします。

ダメなこととして認識をしないと、ただその気質があるだけなんです。そして、その封印していた部分に光をあてて上げると、とても楽に生きられるようになります。

その楽になった感じを「地上に上がった気がします。」とおっしゃった方がいます、それだけ苦しい状況だったということなんでしょうね。

はい、ここで宣伝です。
この、本来のその方の持ち味が、どのようなものか、カウンセラーの視点から読み解き、リーディングした本来のエネルギーをお伝えするセッションが「ビリーフリセット&エンパワメント・セッション」なんです。

この人、このキャラ被ってるな、というのを見つけてリセットし、本来持っているパワフルなエッセンスをお伝えし、体感いただきます。

しばし、お試し通常のビリーフリセットと同じお値段でやりますので、ご興味ある方ご連絡ください。
ビリーフリセット&エンパワメント・セッション

コメント

タイトルとURLをコピーしました