何度でも選びなおそう

03.自己定義とビリーフ

確定申告の書類を作っております。
まぁ、面倒な作業ではあるのですが、期せずして恩恵をもたらしてくれた面もあるのです。

前半は頑張って講座作りに取り組んできたなぁ、とか。
正月からオンラインショップを作って女神巻きアクセサリーを販売したなぁ、とか。自分がやってきたことに、数字として結果が表れてくるのね。

〇〇さんがセッション来てくれたの2月なんだー、あれからどうしてるかなーとか。
講座たくさんやってたなぁ、石もたくさん作ったよねー、とか思い出したりして、頑張ったねー、と自分を褒めてあげたりしています(自分褒め大事)。

これもまた「寂しい人」の自己定義が外れたから(記事はこちら)なのかもしれないけれど、こんなにも自分につながってくれている方がいるんだなー。と、改めて感じたり。

お金をただ数字として見てしまうと、ただの数字ではあるのだけど、誰かが自分に向けてくれた信頼の証として見ると、ちょっと感じが違う。
これも、いままで受け取れなかったけど、今は少し受け取り始めているよ。ありがとう。

やっぱり、セッションしたい。講座もやりたい。
多くの方の思い込みや自己否定、楽にしていきたい。
だって、知るだけで、わかるだけで楽になるんだもん。

そう思いつつもやっぱりね、昨年の私には少し怖かった。

ビリーフが自分の中にあると認識するって、自分で責任を取るってことなんだ。
今のこの嫌な気持ち、怒りとか、焦り、妬み、悲しみ、沸き起こる感情全部、誰のせいにもできなくなるんだもん。
上司が、夫が、子どもが、ママ友が、って、自分以外のせいにできなくなるんだもん。

そこを受け止めて、自分の世界を変えるって覚悟を決めないと、ビリーフはリセットされないんだよね。

だから、それをお伝えすることが、とても緊張することでもあった。
決めてくださいって、言わなきゃならない場面で、言えないことが何度かあった。
それはきっと私自身が、私の全責任をとるって覚悟を決められていない、自分の肚が座っていない、ってことだったのだと、いまは思えるんだ。

進もうとするたびに、怖い気持ちって出てくるじゃない?
それはね、怖いのは進んでる証拠だから。今までと違うパターンで生きようとしているってことだから。

じゃぁ、怖いのも仕方がないよね。知らないことに挑戦しようとしてるんだもの。 そんなときは、温かいお風呂にはいって、深呼吸してリラックスしてみよう。

それからね、ゆっくり選べばいいんだよ。
何度でも選びなおせばいいんだよ。
自分のやりたいって、自分のほんとうって、どっちかなって。

きっと来年の今頃、一筋の道が後ろに伸びているよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました