預言をいただいてきました。

02.私のかけらを探す旅

心理仲間3人で、定例会という名のおしゃべり会を月一開催しています。今回は、預言カフェというお店に連れて行ってもらいました。
ノストラダムスは予言ですが、そちらではなく、神から預けられたお言葉です。

わたくし、生粋の仏教徒でありながら、なぜか我が家に新約聖書があったので、なぜか幼いころ寝る前に主の祈りを捧げていたことがありました。中二的なアレなのかとも思いますが、出だしの言葉は今も諳んじることが出来ます。

頂いた言葉はこんな言葉でした。

主は言われます。我が愛する娘よ、主があなたを愛してると、主は言われます。

個性豊かなユニークなアイデアや、意見。こうしましょう、ああしましょうという、そういった計画を立てる、取りまとめる、新しい挑戦を促すその様な、個性豊かなアイデア、意見をあなたに与えていると主は言われています。

人に言われたことをこなすことに長けているでしょう、そのきちっと几帳面な、数字にしっかりと、例えば経済のことや書類のことなど人が面倒見きれないと思うような細かいことにも、あなたが学んできたことを発揮することができるでしょう。

しかしそれだけではなく、新しいライン、家ならば設計図を書くとか、企画を立てるとか。
その様に何もないところから新しいものを生み出していく、そのあなたの個性を、そのようなところに私は用いたと主が言われます。

自分を信じることは難しい、ある意味信じたいけれども、大丈夫かなとか不安もやってくる。しかしあなたが、あなたの味方になるべきです。

あなたが自分を押し出すことが必要です。
人がもし引き下げたとしても、引き止めるというか待った方がいいと言ったとしても、いや私は進むと、自分を押し出す。その時ですと主が言われます。

硬い空気を一新する和らいだ雰囲気に、または、紅一点というか、周りとはちょっと自分が異色な存在でも、固くなった雰囲気を解く、和らげるという、そのような存在としてあなたの明るさやその知性というか、知恵を私はあなたに用いましたと、主は言われます。

人が、こういったマニュアルで、こういう風にやりましょう。といった手引書が目に映るでしょう。
しかし、そういったものに縛られてはいけないと主は言われます。

みな一律、同じやり方で、同じ目標に向かって進んでいく、画一的な、無機質な、その状態からそれを刷新する。
それは違うよ、みんな同じになるのがいいのではないよと、そのことを助けるものとして、あなたを用います。

素晴らしい先輩やリーダーがいると、その人達がとても輝いて立派に見えるから、では、それになろうと、一色になる、同じようになっていく、しかしそこに罠があると主は言われます。

私は1人1人を個性豊かなものとして作りました。
その皆が、その良いものを用いることができるように、あなたの存在を用います。

「私はそうじゃなくて、こうやる!」とあなたが言うので、周りにいる人達もそうだ、同じじゃなくていいんだ、とそのことに気がついていくでしょうと、主が言われます。

伝えてくださった言葉は以上でした。

本質は、皆それぞれに異なる輝きを持っている。
その異なる輝きを、異なるままに活かせる世界を作りたい、というのが私のミッションです。

そのためにビリーフリセットがあるし、そのためにソウルプランリーディングがある。

私は本当に、私だけへの言葉だなぁと深く納得し、また今このタイミングでこの言葉を聞けたのは、本当に有難いことだと感じました。

お友だちと3人で伺っているので、それぞれに言われることが全然違うんです。それぞれにふさわしい言葉を伝えてくださいます。

預言と言っていますが、私の理解しやすい言葉でいうと、チャネリングなんだろうなーと思うんです。どういったエネルギーとコンタクトしているのだろうかと興味津々でしたが、全然わかりませんでした!

伺ったのはこちら、預言カフェ(赤坂店)
13時から予約開始、14時からお店に入って注文しつつ、順番通りに預言を伝えてくれる方が回ってくれます。
珈琲はとても美味しかったので、珈琲だけでもまた行っていいかも。深入りのが好みでした~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました