「なりたい自分になる」って?

03.自己定義とビリーフ

「なりたい自分になる。」

そう聞くと、どう感じますか?
言うほど簡単じゃないよ、と思う方や、なれたらいいなぁ。
もしくは、私はなりたい自分にすでになってます!そういう方もいらっしゃるのでしょうか。

現代人は、数十年前に比べたら、とても自由に生きているはず…
なのですが、どうも「生きにくい」「生きづらい」「生きるのがしんどい」と感じている方々がいらっしゃいます。

私自身もそうでした。
企業に勤める会社員として働き、旅行や趣味も楽しんで、生活を満喫している、楽しんでいると、よく言われていましたが

心の中は、ずっと焦ってました。

いつまでたっても、どんなに頑張っても、なんでか幸せにならない。ずっと焦って、ずっと頑張り続けている。
いつまでこの、ゴールの見えないレースで走り続けるんだろう。

当時は、教育関連の会社で働いていたので、この資格を取って次のステージに!とか給与アップが狙える!とか、さんざんそういった文句を目にしていました。

でもなんだろう、それが本当に自分にとっての幸せなのかな?わからないな?と思いながらそれらの広告を眺めていました。

私は、なんのために生きているんだろう…
このまま生きていって、どうなるんだろう…

もう、なりたい自分どころじゃありませんね。
でも、当時は悩んでいたというより、どうしていいかわからなかったというのが本心でした。

やってもやっても報われない。
アリジゴクのように、もがけばもがくほど、地中深くに飲み込まれていく。かと言って止まることもできない。

こころについて学んでから
こういう考えを「禁止令」や「ビリーフ」というのだと知りました。

そうなんです、意識の根底に
自分が幸せになるのを禁止している考え方があると
幸せにならないみたいなんですよね
そりゃそうだよね!って感じがしますが、そうなんです。

「なりたい自分になる。」
は、自分の持っている禁止令(ビリーフ)に気が付いて
それをゼロリセットすることなんです。

禁止令(ビリーフ)がなくなると、
やりたいことを、自由にやれる自分になれるんです。

「なりたい自分になる。」
それは、様々な外野の意思や思考を取り払った「本当の自分」を、取り戻すことでもあります。

だから、「なりたい自分になる。」は、wanna be someone ではなく、be yourself なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました