今週のそらのことば(2019/12/11)

08.そらのリーディング

あまり気にせずに、「そらのことば」というタイトルをメルマガにつけているのですが、「そらのことば」というのは言い得てるなぁ。とふと思ったのでした。
(目標!週1!でメルマガを配信しています。カードリーディングや、ブログに書けない不思議な話と、もっと自分と繋がる方法をシェアしています。登録はこちらから。)

メルマガ登録はこちらから

私は、エネルギーを感じるというよりは、情報がポコッと頭の中に入ってくる感じです。大体、中空をぼんやり見ている時です。それはなんだか、そらからことばを受け取るような感じなのです。

それがね、今までよくわからなかったけれど、どうやらエネルギーを読んでるっぽいというのがイギリスの霊媒先生トレイシー・J・ヒッグスさんの講座を受けて分かりました。メルマガに書こうかな。まぁ、チャネリングとリーディングの違いもあまりよくわかっていませんが。

明日は満月の12月12日ですね。
色々と状況に変化がある方は、恐れずに将来の自分へ信頼をしてあげてください。
カードはドンピシャで「変化」、そして「保守的な執着」これも変化を恐れているので執着をしているという意味のカードです。

私たちの生きる宇宙は、「必ず変化する」ことが唯一の変わらない事実ですが、私たち人間の顕在意識は変化をとても怖がります。それはある意味、生存競争に生き残り、命をここまで中断することなく長らえてきているので正解ではあるのです。

しかしながらその正解は「いままで」の正解です。

世界は必ず変化しています。
それは、私たちが老い、衰えていくことも、同時に意味しています。
その方法・手法・パターンを、あと10年続けられますか?
もし、そこに不安が出てくるならば、方法を変えるタイミングかもしれません。

変化を恐れる時、なにがその恐れの原因となっているか、それを見極めましょう。
ただ、怖がっていても先には進めません。

例えば、仕事がイヤなのに、辞められない。のであれば
①そのイヤなことをやっている(イヤな仕事を続けている)メリットと、デメリットを出来るだけたくさん上げてみてください。そして、メリットとデメリットを比較してみてください。

そのメリットのために、デメリットを続ける方が良い、という結論でしたら、自分が敢えてこれを選んでいる、というスタンスでイヤなことをやっていきましょう。メリットのためだもん、仕方ないよね、と思えたら諦めもつくというか。

イヤなことは止めようって、最近の心理界隈では言われていることではあると思うんです。でも、実際に赤子を連れて離婚できないわ、とか現実問題どうにもならんことってあると思うんです。

でも、イヤなことの根底にどんな自分の本音があるか(メリット・デメリット)が分かるだけでストレスが減りますし、先の対策もできますしね。

モヤモヤしてて苦しいという方は、自分の本音が見えてないんだと思うんです。本音が見えるだけで、進めたりしますので、一旦イヤなこと、怖いことの棚卸、ぜひやってみてください。

ひとりで出来んわ、という方、メッセンジャーやLINEでもお話伺いますので、ご連絡ください。と最後宣伝して終わるという。

セッションご予約

コメント

タイトルとURLをコピーしました