今週のそらのことば(2020/02/03)

08.そらのリーディング

2月3日、節分です。
旧暦では、明日が立春。明日から春になります。
「立」の字が付く日が始まりになっていますね。春が立ち上がるんですね。

立ち上がった春の気配はどんな感じかなーと、カードに聞いてみました。

最初に引いたのは「67.自己観察」です。
あー、このカードっぽいなーというストイックな感じではありますが、これはまた祝福でもあるように感じます。なぜならこれは「意識の転換」を目前にしたタイミングを伝えてくれるカードだからです。

自己観察が難しいと感じられることのひとつに、感情に飲まれたり、思考に振り回されたりしてしまうことが挙げられます。それらを客観的に観察する「すべ」を身に着けていくことが、このプロセスでは必要となります。

コツは、できるだけリラックスした状態でいること。
緊張した状態が当たり前になっていると、筋肉を緊張させていることに気が付きにくいです。

リラックスしようと意図しなくても構いません、身体に意識を向けてみてくださいね。
頭、おでこ、頬、眉間に力が入っている方も多いです。
首、首の付け根、肩、鎖骨。と、それぞれの場所を感じていってください。

あぁ、力が入っているな。それに気が付けば次の場所へ。
そんな風に感じて行ってみてください。

何もしなくていいのです。自分をジャッジせず、直そうともせず、ただ自分はいまどうなのか、何を感じているのかを、ただ追っていきます。
それが出来るようになってくると、世界の見え方、感じ方が変わってきます。

不要なジャッジメントや、自分に対する否定的な自己定義が見つかったら、ビリーフリセットは、強力な自己変容を促すツールとなってくれますので、ぜひご連絡ください(宣伝!)。

自分自身を見つめていく、これは意図的にできる行動のひとつですが、もうひとつ何かテーマのようなものはありますか?とカードに聞いたところ、19.女性原理というカードが表れました。

必要なものはすべて内側にあります。外側ばかりに充足感を求めずに、内面の充実を図りましょう。物質的な満足に心を奪われずに、精神的な成長を目指しましょう。実は、幸せに生きるためには、それが近道です。

外側にあるものを、一生懸命取りに行く、奪いに行く、という時代は終わりを迎えています。いま私たちは内側にある豊かさを、外側に広げていく時代を迎えようとしています。

あなたが、本当に欲しいものはなんですか?
あなたが、ほんとうに幸せを実感できるときは、どんなときですか?
私には「ない」それは、本当ですか?

どうぞ、あなたのこころの内側に、意識を向けていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました