性格は変えられますよ~

03.自己定義とビリーフ

基本的にカウンセリングに来る!と決断してくる方は、何かを変えたいと思って、願って、この場へ来る。

それが一見、夫が、子どもが、同僚が、上司が、友人が、彼氏が、親が、
<<<<< 問題 >>>>>
であるような体裁を取っていたとしても、セッションに来るということは、本人が一番しんどくてここへ来るんです。

それってね、心の奥底ではわかってるんじゃないかと思うんだよね。
自分をなんとかしなきゃ「現状」変わらないって

でもね、なんとかしなきゃと思ってるそんな方が
「こんな性格なんで、変わらないですよね」
って諦めの体で言うの。

だからもし、性格なので変えられない、仕方ない、と思っている方がいたら、人はいくらでも変わりますよ、と伝えたい。

性格って、対処方法のパターンです。
なにか情報や刺激が入った時に、どう処理するか。そのパターンの表出が多いものを便宜的に「性格」と呼んでいます。

生まれ持った気質的なことも作用するので、遺伝的な要素ももちろんありますが、その処理のパターンを変えていけば、概ね「性格」と呼んでいるものは変えられるんです。

その「性格」と呼ばれるものは何で構成されているかと言うと「認知」「情動」「行動」です。

認知は、情報や刺激が入った時に、それをどう受け止め、判断するか、解釈するか。
情動は、その認知をどう感じるか。体感や感情の動き。
行動は、それを感じた上で、どのような対応を取るかということ。

例えば、上司に退職の話をしたいのに切り出せない。という状況だとします。
上司→苦手、話を聞いてくれない、怒りそう、そして私は自分の意思を伝えるのが得意ではないなと認知します。
どうしようかなと、とっさに不安が表れます、感情ですね。
何も言えなくて黙ったままでいる、としたら、これが行動。

パターンを変えるには、自分がどんな認知を持ち、感情反応をするのか、というところを、客観的に俯瞰することが必要です。
そういう俯瞰する見方を「メタ認知」といいますが、こういう力を鍛えることがまず必要になってきます。

この認知を客観的に捉え、行動を変えていくというのが、認知行動療法という最近の精神・心理学会で主流の流れです。

自分にどんな認知傾向があるのかを知り、それによって不安になってるんだな、聞いてくれなくて、怒られそうで怖いんだな、と客観的に捉えてみる。
そして、少しづつ行動を変えていくという方法です。
これでも、十分変わります。

私は30代の頃、自分で行動パターンを意識的に変えることで、変わる事ができたので、変わることは体験済み。ただ、時間がかかるの。

実は、どんな認知を持ち、感情反応、行動をするのかの奥に、
「やったほうがいい」
「やらなければならない」
「やらざるを得ない」
という理由があるのです。はい、ビリーフがあるんです。

ビリーフリセットでは、ここにもう一段深く踏み込み、その「やったほうがいい」「やらざるを得ない」を見つけます。
その原因を探し、滞らせているものを流し、紐解いていくことで、「やったほうがいい」「やらざるを得ない」だけではない選択ができるようになるんです。

そうすると、認知の段階から変わるので、今までのパターンの根底から覆ります。大前提の定義から変わるってことなんです。

自分という定義、私とはこういう人である、こういう性格である、が根底から変わってしまうの。

でもね、それが本来のあなた自身の姿なんだよなぁ。
そうね、そういう意味でいうと、性格は変るわけじゃない、元に戻るだけなのかもしれないよねぇ。

興味のある方は、ダンギルバートのTEDをどうぞ(右下のセッティングから日本語字幕あります)。
「人間というのは未完成のくせに、自分たちは完成したと勘違いしているものだ。」

The psychology of your future self | Dan Gilbert

コメント

タイトルとURLをコピーしました